• 業界用語・専門用語・略語が使ってある
  • 自社の商品やサービスの自慢や良いところしか書いていない
  • 地図・アクセス(ご来店頂く場合)がない
  • 利用料金や商品価格がのっていない
どうでしたか? 下にダメな理由と対処方法を書いておきますので、1つでも当てはまる人はすぐにホームページを直してください。 お客様はあなたの商品やサービスを検討しようとホームページを見てくれています。わざわざ見づらくて、理解出来ないホームページを我慢して見てくれるお客様はいません。

業界用語・専門用語・略語が使ってある

ダメな理由

お客様は素人です。理解出来ない言葉で説明してある商品を欲しいはずがありません。

対処方法

素人でも分かる言葉で書き直してください。

自社の商品やサービスの自慢や良いところしか書いていない

ダメな理由

あなたは自分に都合の良いことしか言わない人を信用しますか? 信用しませんよね、あなたの事を親身に考えて、正直に話をする人の方が良いですよね。お客様も一緒です。

対処方法

どんな商品も必ず、欠点や他社製品と比べて劣る部分があると思います。お客様の立場にたって自社商品・サービスの良い所と劣る部分を正直に書いてください。そして、どういう人に自社商品・サービスの購入が向いているのかを親切に教えてあげてください。

地図・アクセス(ご来店頂く場合)がない

ダメな理由

お客様が来店できない

対処方法

地図と「◯◯駅下車◯分」という文章をホームページに記載して下さい。

利用料金や商品価格がのっていない

ダメな理由

あなたの商品やサービスが気になっても価格が明確で無ければ、ほとんどの人が購入に二の足を踏みます。

対処方法

商品・サービスの価格をホームページに記載して下さい。もしくは初回無料などお客様がお金のことを気にしないで済むような工夫してください。

Join over a million people

There are many variations of passages of Lorem Ipsum available, but the majority have suffered alteration in some form, by injected humour, or randomised words which don’t look even slightly believable. If you are going to use a passage of Lorem Ipsum, you need to be sure there isn’t anything embarrassing hidden in the middle of text.